採用の効率化をはかる採用代行ビジネス

企業には人事部が存在し、採用活動はほとんどの場合その部署で行われていると考えられているが、現状、そのコストパフォーマンスの悪さから、効率的な採用活動が望まれている動きがある。その一つとして、採用代行というビジネスが存在している。企業の中に存在する業務は複雑であり、その中の一つとして採用という業務が存在する。採用活動は長い年月を要し、また特に新卒採用など毎年のものになるとその構想からフローの実行、様々な活動や応募者の管理などには多大なるコストがかかり、企業にとって削減したいと考えられる存在であると思われる。

採用代行を利用することによって、これらの負担が大きく軽減され企業にとってはコスト面での大きなメリットとなる。一括して管理し、実行を依頼することで採用活動の安定と、品質の向上を図ることが可能となる。採用代行業者は採

用に特化した業務を遂行しているため、その業務のみに専念して活動を行うことができる。また、クライアントからの依頼に応えるためにより慎重に業務を遂行する。特に昨今の世の中では、職を失う場合やアルバイトなど、以前に比べ職を求める割合が増加しているため、その管理は以前より手間を要するものとなっている。

現代に急増している労働希望者に応じて、採用代行の手法も多様化している。インターネットの普及に伴い、以前と比べ応募が簡単に行うことができるようになった。その分応募人数は増え、システムを利用しての応募者の管理や選考の管理が複雑化している。企業の人事部のみでは対応できない部分も、採用代行により一括した管理が可能であり、時代に応じて業務は増えつつあると思われる。その需要の高まりにより、採用代行という効率化は進展していくと考えられる。

zp8497586rq
Share on Facebook

採用代行を活用した採用コスト削減

皆さんは採用代行という言葉をご存知だろうか。読んで字の如くだが、採用代行とは企業が行う採用という行為を代行して行う事である。採用という行為一つをとっても、時間的にも金銭的にも人的にも多大なコストがかかる。このコストやリスクを代行して行う企業がある。それが採用代行会社である。今や採用代行サービスはメジャーなサービスであり、採用代行サービスを利用する企業にも大きな利益がある事が広く認知されている。それでは、次に採用代行サービスとは具体的にどのようなサービスがあるのかについて書いていく。

一口に採用代行と言っても、そのサービス内容は採用代行サービスを行っている企業によって多岐にわたる。パートタイマーの採用から新卒、中途のような社員の採用を代行するサービスもあるため様々な雇用形態にも対応できるものとなっている。また、昨今の採用代行サービスは長期的に採用に関わっていく企業が増えており、既存

のサービスのような「採用」のみを代行するサービスだけでなく、企業説明会での人材の募集から人材の教育、そして、採用自体をコンサルティングしていく採用代行のサービスまで提供している企業も増えているのだ。

今回、採用代行という業態について述べてきたが、「採用」という、いわば企業の将来を決めていく仕事を外部にフルアウトソースしてしまうのは危険ではないかと感じる人もいるだろう。しかしながら、現在の採用代行というサービスの中において、投げっぱなしのようなサービスをする企業は淘汰されており、採用代行会社と共に良質な採用を行っていく事は外部の指標や空気が混じる事により、人材の層を拡げていく事にも期待が持てる。また、ベンチャービジネスにより急成長している企業にとっては、余分な人材を割く事なく、いわば採用のプロフェッショナルと共に人材の確保ができる事は経営者にとって非常にありがたい事ではなかろうか。

zp8497586rq
Share on Facebook